10万円を借りるといっても
人によって
借りるべき会社は違います!

10万円あれば可能性が広がる!

手元に10万円があったら・・・」って思うことってよくありますよね?

十万円あれば、かなり可能性が広がります。

前々から欲しかったものも買えますし、豪華なデートもできますし、友達と豪勢に飲み歩くこともできますし、国内旅行だけでなく近場なら海外旅行にも行けてしまいます。

そして、何らかの事情で今すぐ、できれば今日中に10万円が必要という人もいるでしょう。

ありがたいことに、今の日本では比較的安い利息で十万円を借りることができる環境が整っています。

消費者金融ならどの会社でも14時までに申し込んで審査に通れば、今日中にアナタの銀行口座に振り込んでくれます。

しかし、お金を借りる時、人によって選ぶべき会社は違います。これからアナタに最適な会社の選び方を紹介します!

職業によって借りる場所が異なる

「お金を借りる時、人によって選ぶべき会社は違う」と言いましたが、それはアナタの職業によって変わってきます。

お金を貸してくれる会社はアナタを様々な角度からスコアリングしますが、その中でも職業は重視するポイントだからです。

まず最初に正社員か正社員ではないかという違いがあります。

当然ですが、正社員の方がスコアリングは高いです。安定していますから。

また、正社員でも公務員、サラリーマン、会社の社長などとありますが、公務員のスコアリングが一番高いと言われています。やはり、「公務員=ずーと安定」というイメージがあるからでしょうか。

つまり、こういうことです。お金を貸してくれる会社は安定性を最重要視するということです。

ですから、会社員ではない自営業者・契約社員・アルバイト・パート・日払い作業員などはスコアリングは低くなります。

といっても、10万円を借りられないかというとそんなことはありません。

現在では毎月一定の安定収入があればお金は借りられます。収入の大小よりも毎月一定の収入があるかどうかが重要なのです。

では、これからアナタに最適な会社を紹介します!

公務員・会社員(サラリーマン)の場合

公務員や会社員(サラリーマン)の場合はスコアリングが比較的高いので、まずは銀行カードローンやローンカードで10万円を借りることをオススメします。

なぜなら、消費者金融に比べると金利が低いからです。

金利が低いと審査も厳しくなります。しかし、安定収入がある公務員や会社員(サラリーマン)なら厳しい審査も通る可能性が高いからです。

ただし、他社に借り入れがあったり、今日中に振り込んで欲しいという人は消費者金融の方がいいかもしれません。

審査が厳しいということは、審査時間もそれなりに必要ということですから。

一番のオススメはイオン銀行カードローンBIGです。なぜなら、金利が非常に低いのに専業主婦でも申込OKと審査は柔軟な傾向があるからです。

会社名 融資額 実質年率 備考
イオン銀行カードローンBIG
30〜800万円 3.8%〜13.8% 100万円までは収入証明書が原則不要。資金の使い道は原則自由。担保や保証人は不要。コンビニや銀行のATMで借り入れや返済ができる。
専業主婦も申し込み可能。
イオン銀行のおまとめローン
30〜700万円 4.8%〜13.5% 複数のローンをおまとめ(借り換え)もOK。
来店不要でご融資。300万円以下の融資は年収確認書類が不要。

銀行カードローンやローンカードは実質年率が低いですが、10万円の場合は大きい方の金利が採用されます。

つまり、「4.9%〜14.5%」だったら、14.5%ということです。もし、4.9%の金利で借りたかったら、500万円などの大金を借りる必要があります。

しかし、500万円を借りるには、かなり厳しい審査に通る必要があります。

10万円なら金利は高い方ですが、そのぶん審査もゆるくなります。

自営業者・契約社員・アルバイト・パート・日払い作業員の場合

正社員に比べるとスコアリングが低い自営業者・契約社員・アルバイト・パート・日払い作業員などの場合は消費者金融で10万円を融資してもらうことをオススメします。

また、正社員でも「今日中に即日融資して欲しい!」という人は消費者金融がいいでしょう。

消費者金融なら14時までに申し込み、審査に通れば、即日融資してもらえる可能性が高いです。

サービス 融資額 実質年率 備考
プロミス
1〜500万円 4.5%〜17.8% 30日間無利息。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
WEB契約なら即日融資も可能。お貸入れ3秒診断。
アコム
1〜500万円 4.7%〜18.0% 30日間無利息。
3秒診断でお借入れ可能かすぐに分かる。
はじめての方でも来店不要で即日振込も可能。
10万円借りても返済は月5,000円からでOK。
モビット
1〜800万円 3.0%〜18.0% 10秒簡易審査。平日9:00〜14:30までに手続き完了の場合、最短3分でお振込。「PCからWEB完結申込」なら申し込み時に電話連絡と郵便物がなし。

消費者金融というと悪いイメージを持っている人もいますが、今はどこも銀行傘下に入っているので、見方によっては銀行からお金を借りているのと変わりません。

銀行と違って保証人はいりませんし、審査も通りやすいので、「十万円を今すぐ借りたい!」という人は消費者金融はオススメです。

また、他社借り入れ件数が2件程度までなら審査に通る可能性もあります。

利息シュミレーション!10万円の利息はどのくらい?

10万円を融資してもらった場合の利息も気になる所ですね!

そこで、最後に利息シュミレーションをしてみたいと思います。

まず、最初に利息の計算方法を知っておきましょう!

利息 = 借りる金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りる日数

つまり、利息とは「借りる金額」と「実質年率」と「借りる日数」で決まるということです。

ここでは「借りる金額」は10万円となりますので、「実質年率」と「借りる日数」で利息が決まります。

今回のシュミレーションは「実質年率」は14%(銀行カードローンの金利を参考)と18%(消費者金融の金利を参考)にしています。

「借りる日数(返済までの日数)」は1ヶ月〜6ヶ月です。

では、さっそく利息シュミレーションをしてみたいと思います。

10万円を借りた場合の利息シュミレーション
借りる金額 借りる日数 実質年率 利息額
10万円 30日(1ヶ月) 14%(銀行カードローン) 1150円
18%(消費者金融) 1479円
60日(2ヶ月) 14% 2301円
18% 2958円
90日(3ヶ月) 14% 3452円
18% 4438円
180日(6ヶ月) 14% 6904円
18% 8876円

このシュミレーションをみて感じることは、借りる日数が30日と短い場合は、実質年率の大小はあまり影響しないということです。実際に14%と18%では329円の差しかありません。

しかし、借りる日数が長くなるにつれて、その差も広がります。

180日では1972円の差になりますから。

ただし、10万円くらいの小額では、それほど利息は多くないというのが現実です。

それよりも、振込スピードを重視するなら消費者金融を選んだ方がいいでしょう。

少しでも支払う利息を減らしたいなら銀行カードローンやローンカードということになります。

おすすめサイト